金利と返済能力の兼ね合いが大切!

パソコンと車の画像

 

自動車を購入資金として、マイカーローンを利用する人は多いです。

 

一般的に正社員として働いている人ならば、ローン審査も問題なくクリアしています。

 

もちろん過去の返済履歴で滞納や遅延などの返済事故がある場合は、間違いなく審査落ちします。

 

返済に関して事故情報がない場合、審査落ちする可能性は低いです。

 

マイカーローンでお金を借りるなら、金利が安い金融機関を選ばないと損です。

 

ローンの借入先として選ばれるのが、「銀行ローン」か「ディーラーローン」のどちらかが多いです。

 

銀行とディーラーのメリットとデメリット

銀行ローンのメリットは金利が安いことです。

 

デメリットは、「審査が厳しい」「審査時間が長い」「手続きが面倒」ということが挙げられます。

 

 

逆にディーラーローンの特徴をは、銀行ローンのメリットとデメリットを逆にしたものとなります。

 

ディーラーローンのメリットは、審査時間が早く手続きが簡単だということです。

 

車を購入するディーラーが提携している信販会社(オリコなど)にローンを申し込むのですが、基本的に手続きはディーラーの担当者が行ってくれます。

 

借り入れをする人は、書類の書き方を教えてもらいハンコを押すだけです。

 

審査時間も最短で当日に審査結果が分かる場合があります。

 

審査も銀行ローンよりは通りやすく、新入社員や年収の低い人でも借り入れできる可能性があります。

 

借入しやすい反面、デメリットとして「金利が高い」ということが挙げられます。

 

審査機関の審査に通りやすいということは、貸し倒れのリスクヘッジとして金利を高く設定されてしまいます。

 

 

銀行から借りた方がいい人とそうでない人の特徴

ということからも、年収が高く勤続年数も長い人は銀行にマイカーローンを申し込んだ方が総返済額が少なくて済みます。

 

信用力が高いので、銀行の審査でも通る可能性が高いからです。

 

ローンについては分からないことが多いので、金融機関の窓口やディーラー担当者にローンの相談をしてみることをおすすめします。

 

ただし相談した人の話を鵜呑みにするのではなく、インターネットなどで情報収集をしていくつかの金融機関を比較してみないといけません。

 

金利だけでなく保証料や事務手数料などの諸費用なども含めて、返済総額が少ない借入先を見つけることが大切です。

 

それに供与振り込み口座や公共料金の引き落とし口座に使っている銀行だと、優遇金利が適用される場合もあります。

 

金利が高い・金利が低いだけの条件で借入先を選ぶのではなく、返済額の合計金額をしっかりとシミレーションしましょう。

 

 

 

 

申し込みブラックに注意!

最後に注意点として、金利が安いマイカーローンを借りたいからといって、自分の信用力だと借入れが難しい金融機関にローン申し込みするのはやめておいたほうが無難です。

 

というのも、勤続年数が短かったり年収が低かったりすると、返済能力が低いとみなされ審査落ちするからです。

 

いくつもの金融機関で審査落ちが続くと、その結果が信用情報機関に登録され申し込みブラックという状態になってしまうかもしれません。

 

そうなるとマイカーローンだけでなく、例えば住宅ローンやクレジットカード申し込みなど審査が必要となる案件で不利になってしまいます。

 

低い金利のマイカーローンに申し込みたい気持ちは分かりますが、自分の信用力・返済能力と比べて無理のない金融機関を選んで申し込みしましょう。